車買取と下取りのまた続き

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 車買取と下取りのまた続き
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
車買取と下取りのまた続き車買取について考える

引き続き、車買取と下取りの違いを説明していきます。
お店側が「こんなクルマを欲しがっている人がいる」という情報を把握していれば、
車買取価格は当然高くなります。

某車買取メーカーには、全国約450の店舗に加え、約18,000件の販売拠点から、
欲しがられているクルマのリクエストが毎日ゾクゾクと届いています。

だから、高値で買い取りができるのです。
まず、買い取りの場合は全国のオークション流通網と独自の流通網があります。
そのため、全国約130ヶ所の中古車オークション会場でもっとも高く売れる会場が利用できます。

それに対して車下取りは、同じディーラー系列の中古車展示場を利用して販売するため、エリアが限定されます。
また、中古車オークション会場も、メーカー系や近隣のエリア中心で販売するため、ネットワークが狭くなりがちです。
車買取と車下取りには、このような違いがあるのです。みなさんも、これを参考にして、知識をつけてくださいね。